シャワーの温度は大事です

犬にシャンプーしてあげるにもコツがあります。

犬をお風呂に入れようとすると、暴れたりするものです。そのコツとしては、飼い主による配慮です。優しく声をかけながらお風呂に入れてあげれば犬に安心感を与え、お風呂は楽しい場所と感じることができます。
お風呂の前にブラッシングはおすすめです。 犬のお風呂は、お湯の温度は人間が少しぬるめに感じる37〜40度くらいがいいでしょう。シャンプーなしでお風呂に入るだけなら毎日入れてOKです。シャンプーの頻度は2週間に1回くらいが適当です。犬の皮膚の厚さは人間のよりも薄いことと、多すぎるシャンプーは毛の脂分を落としてしまうので、体調不良になってしまうかもしれません。子犬のシャンプーも問題ないです。

免疫力が弱い子犬は、肌を清潔に保つことで皮膚病や感染症の病気を予防できます。ワクチン接種後やケガや病気の治療後などは注意が必要ですので、お医者さんの指示に従うことが大事です。犬にとってシャワーの適切な温度は人間のぬるいと思う温度です。 犬は人間のように迅速に体温を調節できないのです。

なので熱めのシャワーをかけると犬の体力を奪ってしまうかもしれません。水温が冷たすぎるのも問題です風邪を引いてしまうかもしれないからです。シャワーの温度には十分注意してください。