TOEICへの取り組み

会社生活において、必ず英語を使う場面は出てくると思うけれど、本当に高いレベルの英語力が必要な場面はそんなにはないのではないかと思います。海外部門なら別ですが。

ということで、日本においてとにかく英語ができないとダメであるということで、英語の勉強に取り組みます。しかも、とても長い時間を勉強に割くことになるのです。5,6年は当たり前、だらだらと10年も費やして、大して英会話ができないという人がほとんどではないかと思います。そんなことを言っている自分もその一人です。まさに英語ビジネスにまんまとだまされたものの一人なのです。

そして、悩まされるのがTOEICの点数です。これがなかなか取れないのです。世の中にはTOEICの高得点獲得のための問題集、教材があふれていています。TOEICは所詮は基準でしかなのですが、会社が基準の点数を定めてくる以上、その点数をクリアしないといけないです。

したがって、TOEICの試験対策は必須となってきます。中には、TOEICの試験勉強をせずに試験に臨む人がいますが、それはあまりにも愚かです。どんなにプロでも練習をするのに、プロでもない異国人が勉強せずに高得点がとれるわけがありません。問題集やら、TOEIC模試を何度も受験するなどの取り組みは少なくとも必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です