売春婦とエイズ

今日はエイズのお話。

日本で稼ぐ外国の売春婦で、そのうちエイズに感染した韓国人が商売をしていたとか、と何かの記事で読みました。韓国人などは手広く日本で、そして世界で商売しているわけで、これでうつされた人もいるはずです。ただの性病ならともかく、治らないエイズでは冗談どころではないですね。

エイズおよびHIVの感染経路ですが、我々は外国国籍の売春婦によるものが最も多いと考えがちですが、調べてみるとそうでもないようです。同性間での感染がもっとも多いとか。クイーンのフレディーマーキュリーがエイズで亡くなったのは有名ですが、こちらも同性愛であったことが知られています。思い起こしてみれば、ホモの病気であって、不道徳な、神様が作った病気ではないかということが報道されていたことが思い出されます。

すぐにエイズの検査ができる体制は日本にはあるようで、保健所で、無料で匿名でできるようです。日本政府としては拡散されてしまっては大変なことだからお金をかけてそんな体制も作っています。もし、エイズに感染していたとしたら、治らないものだから陽性だったら一体どうすればいいのかわからないですね。あーこわ。危険なものには近づかない、これが基本ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です